バターケース(リサイクル瓶のクリア・真鍮)



ガラス 口径約84mm高さ約53mm底径約80mm 
蓋 口径約88mmかぶせ部分約6mm

ガラス・リサイクルビンのクリア
蓋・真鍮板 

雪印バターを半分位に切ったものが入るサイズです。密閉性はありません。アクセサリーや小物の収納にも。真鍮製の蓋は少しづつ色が濃くなっていきますが、元に戻したい場合は、目の細かいスポンジ研磨材(#3000くらい)などで軽く磨いてください。

■2枚目 2017年11/24完成のバターケース(ご予約分)
■3枚目 2017年10/28完成のバターケース(ご予約分)
■4枚目 2017年9/10完成のバターケース(ご予約分)
■5枚目 2017年8/4完成のバターケース(KOHORO個展用)
■6枚目 バターケースにduke(藤瀬まり子)さんの白い狐のブローチを入れて展示(2017年8月KOHORO個展にて)
■7枚目 蓋が平たいのでお重のように何個か重ねられます。 2017年6/13完成のバターケース
販売価格 10,800円(税800円)
在庫状況 在庫 0

カテゴリーから探す

コンテンツ

左藤吹きガラス工房について

制作者 左藤玲朗

■当工房の特徴
自宅に隣接した工房で、朝から原料を融かして、その日一日、一人で制作可能な数だけ作っています。
■製品の特徴
若いころ修業した沖縄ガラスを一人の製作用にアレンジした工程で作っています。
特に気を配っているのは以下の二点。
・器としての機能を損なわないフォルムと色。洗浄や収納の時に極端に気を使わずに済み、料理や飲み物と悪い色相性にならない物を作る。
・その上で、機能とは別に、ガラスの素材感が美しく目に映るように作る。 左藤吹きガラス工房HP