広口コップクリア

2018年4月30日補充しました。

口径約78mm高さ約82〜85mm底径約68mm
リサイクルビンのクリア

修行させてもらった那覇のガラス工場で当時の定番品。独立したら自分もぜひ作りたいと思ったものの代表格ですが、当然細部はかなり変えています。飲み口は一般的な沖縄ガラスよりずいぶん薄く、底も上げ底からベタ底に。

底のエッジと器表面の肌合いなどは結構再現できていると思います。

容量は、すりきり1杯で約250ml位です。
大きな氷を入れてお酒のロック、水割り、ソーダ割り、冷たいお茶などに。

■1・2・3枚目 2018年2月11日窯出しの広口コップ

2017年1月価格改定しました。
販売価格 3,024円(税224円)
在庫数 在庫 0
SOLD OUT

在庫のある商品


プレートセピア

8,640円(税640円)


デザート皿青緑

3,780円(税280円)


酒ピッチャー

3,996円(税296円)


のんべえ春秋5

864円(税64円)


Calendar

2019年5月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2019年6月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
青印の日は出荷を、お休みします。ご注文は常時承ります。
6月1日(土)2日(日)にわのわアート&クラフトフェア千葉に出展します。

左藤吹きガラス工房について

制作者 左藤玲朗

■当工房の特徴
自宅に隣接した工房で、朝から原料を融かして、その日一日、一人で制作可能な数だけ作っています。
■製品の特徴
若いころ修業した沖縄ガラスを一人の製作用にアレンジした工程で作っています。
特に気を配っているのは以下の二点。
・器としての機能を損なわないフォルムと色。洗浄や収納の時に極端に気を使わずに済み、料理や飲み物と悪い色相性にならない物を作る。
・その上で、機能とは別に、ガラスの素材感が美しく目に映るように作る。 左藤吹きガラス工房HP

Top