工房現況

2/18(日)銘々シャーレ制作予定。


   

ご注文は、電話・FAX(0475-33-4823)でも承ります。欠品商品のご予約も承りますので、お気軽にお問い合わせください。


■2/17(土)広口コップの画像を、今回制作分に差し替えました。モールのカトラリー立て製作
■2/16(金)欠品しておりました、モールのカトラリー立て果物鉢補充しました。バターケースクリアを吹く
■2/15(木)モール型の溶接。完成したモール型を使って、夕方からモールのカトラリー立て製作。
■2/14(水)カトラリー立ての画像を、今回制作分に差し替えました。モール型の制作(設計・フラットバー切断・研磨)
■2/13(火)欠品しておりました広口コップ補充しました。長年熱にさらされ劣化して壊れた自作モール型の材料買い出し。
■2/12(月)シノア(クリア)の画像を、今回制作分に差し替えました。果物鉢制作
■2/11(日)ガラス制作は休みで、商品画像撮影日。
■2/10(土)欠品しておりましたプレーンコップシノア(クリア)カトラリー立て補充しました。広口コップ(クリア)制作

在庫のある商品

カテゴリーから探す

コンテンツ

左藤吹きガラス工房について

制作者 左藤玲朗

■当工房の特徴
自宅に隣接した工房で、朝から原料を融かして、その日一日、一人で制作可能な数だけ作っています。
■製品の特徴
若いころ修業した沖縄ガラスを一人の製作用にアレンジした工程で作っています。
特に気を配っているのは以下の二点。
・器としての機能を損なわないフォルムと色。洗浄や収納の時に極端に気を使わずに済み、料理や飲み物と悪い色相性にならない物を作る。
・その上で、機能とは別に、ガラスの素材感が美しく目に映るように作る。 左藤吹きガラス工房HP