沖縄風コップ 

2019年8月個展に出品しました。
6月3日補充しました。6月にわのわに出品しました。
3月20日補充しました。

高さ約74 mm口径約67mm底径約58mm 在庫は、画像1枚目の底の厚みが約3mmで薄いタイプです。
リサイクル瓶に着色青緑

置いた場所や光の具合により、青に近かったり、緑がかって見えたりするブルーグリーン。

全体に少し肉厚ですが飲み口だけは薄くしています。これは昔の沖縄のコップの雰囲気で。

容量は摺り切りで150ml位で、ビール会社のロゴ入りの小さいコップより少し小さい位。
例えば500ミリリットルの缶ビールを飲む場合4回か5回注いで缶が空になるくらいなので、呷るような飲み方でなければ丁度いい感じの容量です。お客さんに麦茶を出すときも便利です。

■1枚目 2019年7月21日窯出しの沖縄風コップ
■2枚目・3枚目 2019年3月20日窯出しの沖縄風コップ
■4枚目・5枚目 2019年2月16日窯出しの沖縄風コップ
■6枚目 2019年2月17日窯出しの沖縄風コップ 後ろは型。
底のエッジをシャープに、底からの立ち上がり部分を薄くしているため、見た目より軽くきらっと光ります。
■7枚目・8枚目 2018年10月24日窯出しの沖縄風コップ
■9枚目 2018年4月27日窯出しの沖縄風コップ
■10枚目 2017年10月6日窯出しの沖縄風コップ


販売価格 2,808円(税208円)
在庫数 在庫 0
SOLD OUT

在庫のある商品


のんべえ春秋5

864円(税64円)


箱入れギフトラッピング

108円(税8円)
SOLD OUT


Calendar

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
青印の日は出荷を、お休みします。ご注文は常時承ります。10月12日(土)13日(日)もみじ市(東京都調布市多摩川河川敷)出店します。どうぞお越しください。

左藤吹きガラス工房について

制作者 左藤玲朗

■当工房の特徴
自宅に隣接した工房で、朝から原料を融かして、その日一日、一人で制作可能な数だけ作っています。
■製品の特徴
若いころ修業した沖縄ガラスを一人の製作用にアレンジした工程で作っています。
特に気を配っているのは以下の二点。
・器としての機能を損なわないフォルムと色。洗浄や収納の時に極端に気を使わずに済み、料理や飲み物と悪い色相性にならない物を作る。
・その上で、機能とは別に、ガラスの素材感が美しく目に映るように作る。 左藤吹きガラス工房HP

Top