リコリス(リサイクル瓶のクリア・真鍮)

2019年6月27日補充しました。
2018年1月29日補充しました。


ガラス 口径約43mm高さ約84〜88mm 容量摺り切りで約250ml
蓋(真鍮) 口径約50mmかぶせ部分約6mm

ガラス・リサイクルビンのクリア
蓋・真鍮板 

リコリスの球根のような形から命名。密閉性はありません。茶葉入れ、縦のモールを透かして中身が見えるので大切なアクセサリーや小物の収納にも。真鍮製の蓋は少しづつ色が濃くなっていきますが、元に戻したい場合は、目の細かいスポンジ研磨材(#3000くらい)などで軽く磨いてください。

■1枚目 2019年6月27日真鍮蓋を制作して完成したリコリス
■2枚目 2019年6月20日窯出しのリコリス
■4枚目 真鍮の蓋を取った画像。ボールペンとの大きさの比較。
■6枚目 バターケースとリコリス
販売価格 7,560円(税560円)
在庫数 在庫 0
SOLD OUT

在庫のある商品


のんべえ春秋5

864円(税64円)


箱入れギフトラッピング

108円(税8円)
SOLD OUT


Calendar

2019年7月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2019年8月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
青印の日は出荷を、お休みします。ご注文は常時承ります。8月9日(金)〜17日(日)KOHORO二子玉川個展

左藤吹きガラス工房について

制作者 左藤玲朗

■当工房の特徴
自宅に隣接した工房で、朝から原料を融かして、その日一日、一人で制作可能な数だけ作っています。
■製品の特徴
若いころ修業した沖縄ガラスを一人の製作用にアレンジした工程で作っています。
特に気を配っているのは以下の二点。
・器としての機能を損なわないフォルムと色。洗浄や収納の時に極端に気を使わずに済み、料理や飲み物と悪い色相性にならない物を作る。
・その上で、機能とは別に、ガラスの素材感が美しく目に映るように作る。 左藤吹きガラス工房HP

Top